資格がなくとも職場びおける重要性は高いです

看護助手になる方法と仕事内容

看護現場の主役は当然看護師になります。 しかし最近は看護師不足が大きな問題になっています。 看護業務や看護内介護の負担を緩和するために看護助手というスタッフ が注目されています。新たな仕事として、看護助手の仕事内容と看護助手 になる方法について説明をいたしましょう。

看護助手は多くの病院で採用されています。 看護助手は、看護チームの一員として看護がスムーズに行われるように 看護師のアシスタント業務を担当します。 看護師のような医療行為はできません。 しかしながら患者様と身近に接することでお世話をするという重要な 役割があります。

■食事介助
食事の準備をしたり片付けたり、食事の介助をしたり、食事の摂取状況 をチェックいたします。食事を楽しんで召し上がっていただくことも 意識しなければなりません。

■環境整備
お部屋の温度に注意したり、太陽光の具合や換気の管理があります。 また掃除をしたりゴミの処理やベッドメイキングもあります。

■移動や移乗介助
ベッドから車椅子に移ったり、ストレッチャーに移ったり、身体の位置 を動かしたり姿勢交換のサポートをします。

■整容や保清介助
洗顔や洗髪や爪切りや着替えの介助などをはじめとする患者様の身の回り のお世話をする仕事です。患者様がご自分でできることを見極めて必要に 応じてサポートしてゆきます。

■入浴介助
浴室の準備をしたり後片付けをします。 入浴用品を洗浄したり消毒したりします。 そして着替えや入浴の介助なども大切な仕事です。

■排泄介助
お手洗いへの誘導とか排泄のサポートをします。 そしてオムツを準備したり交換もあります。 尿や便器の消毒もしなければなりません。 そして患者様のプライバシーには特に配慮しましょう。

■メッセンジャー業務
カルテや伝票や検査物を医師や看護師やそれぞれの検査室に運びます。 単に届けるのではなくて信頼性が大事なのです。

では看護助手になるにはどうしたら良いのでしょう? 看護助手になるには、医療機関に直接問い合わせるか、ハローワークの 求人に募集すると良いです。 看護助手は看護師のような国家資格は不要です。 資格がなくても仕事ができますから、主婦の人達も働いているケースが 多いですね。

しかしながら、看護に関する資格を持っていれば、病院に就職する際も 有利になります。当然医療現場で仕事をしますから、そういった知識や スキルを見つけておくことは、即戦力として採用される確率は高くなります。

一般的に看護助手に有利な資格としては、内閣府認証特定非営利活動法人 の医療福祉情報実務能力協会が認定する「メディカルケアワーカー」と 呼ばれる看護助手資格が挙げられます。 これ以外にも日本医療教育財団の「メディケアエイダー」の認定資格が あります。

以上、看護助手の仕事内容と看護助手になる方法を説明しました。 医療現場での仕事に興味があるならば看護助手という選択肢もあります。